スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

ドイツ生活

ドイツ流…にんげんだもの

ミスした時にドイツのひとがよく言うのは「人間だもの」です。 Menschlichと書くのですが、人間だもの、とか人間らしい、とか人間の…という意味になります。 たまに見知らぬ人にブチ切れられたりするのですが、近しい人の前や毎日顔を合わせる同僚の前でミス…

結婚の話から世界平和へ

婚活の話題に関する日本のネット情報を見る度に、ふむふむ、なぜ婚活が昨今ここまでとりだたされるのか…と知りたがり人間なので気になって読むことが多いです。同時に自分の結婚の事とも照らし合わせて考えてみたりもしています。 婚活の理由はひとそれぞれ…

厄落とし的なものなのかも

友達に会いに、以前住んでいたドイツの街までいきました。 宿泊先は以前住んでいた家のすぐ近くのホテルをとりました。 ここのブログに何度か書いてますが、以前住んでいた街がどうしても好きになれず、むしろ早く出て行きたいという思いが強く、いろいろと…

あの苦労の後だから、笑いが止まらない

ドイツからスイスに引っ越してきて約一年ですが、ドイツで住んでいた家の大家さんから手紙が届きました。もちろん家賃に関係する事。 ドイツでは、家賃とは別に、光熱費や水道代、その他雑費もろもろを毎月これ位かかるだろう、という大体の額を指定され支払…

なにドイツ人ぶっているんだ

外国人と結婚した人にはよくある事なのだと思うのですが、日常生活で外国人の伴侶と一緒に過ごしていて、相手が外国人という事を忘れる、とかそういう感じがしない、というもの。 私も普段は夫が外国人だという事を忘れているのですが、時々ドイツ人らしいリ…

冷たい晩御飯

今はもう慣れましたが、晩御飯に冷たいものを食べるというのにドイツに来た頃は驚きました。 上の画像のように、黒くて硬いドイツパンとチーズ、ハム、ピクルスなどの野菜を少々、各自専用のパンを切るための木の板ががあって、そこでせっせと自分用のパンを…

現在地はどこ

ドイツにいた頃、住んでいた街とその周辺のハイキングコースが20種類くらい載った本を買って、月に最低一回はハイキングに行っていました。 ハイキング、と言っても水筒とバナナとクッキーとかもって近くの森や山を歩くだけなので実際はそんなたいそれたもの…

日本は何でも高いと思っている

いまだに、ごくたまにですがドイツの人に日本は物価が高いんでしょう、何でも高いんでしょうと言われます。 それはきっとドイツマルクを使っていた時の名残だね…と思うのですが、通貨がユーロに変わってからはレートによりますが、基本的にユーロを使用して…

よく笑うね

ドイツの人に、よく笑うね、いつも笑ってるね、と以前はよく言われていたことを思い出しました。 確かに面白いことや楽しい事が好きだから、よく笑っている印象はあると思うのですが、ただ単純に日本人というだけでも十分、ドイツの人からしたら笑顔の多い印…

ドイツの滞在許可証

ドイツの滞在許可証が実は秋まで有効です。 今はスイスの滞在許可証をもらってスイスに滞在中。あと四年半はこれで滞在できるそうです。 それでも今ドイツに帰りたくなったら帰れるんだなあ、とふと思いました。 帰ったところで、仕事なしでは暮らせないので…

次の結婚式を探る

ある年、結婚式ラッシュの年で、ひたすら結婚式に参加するという年をおくっていました。最初の方は喜んでいましたが、段々と疲れてきて、もう結婚式行きたくない(;´д`)、という気分になりました。 お祝い事なのにそんな事思うなんてヒドイ!と思ったので、…

個人的にとらないでね

ドイツ語でたまに聞く好きな言い回し「個人的にとらないでね」。 誰かと意見が異なって、それが相手を批判しているようにとられては困る時に、最初にこれを言っておきます。 私はこういう意見なだけで、あなたと意見が違うのは、あなた自身を批判したいわけ…

そろそろ一発芸の準備を…

そろそろアレの事を考えはじめないと… 一発芸…。ドイツ人夫の実家のクリスマスには参加者の一発芸が義務付けられています。 まだ6月だというのに、12月の事を考えないといけないなんて。 ま、一発芸を身につけるには半年あってもおかしくないとは思います…

音楽のちから

ドイツで時々見かけたストリートミュージシャンは、ひょっこり思いつきでできるものではなくどこかに申請して許可をもらって演奏が必要だったそうです(今もそうなのかは不明です)。 ドイツの音楽の街で暮らしていた時、ストリートミュージシャンの演奏をよ…

おっさん的おばちゃん

ドイツにいた時、たまにおっさんの様なおばちゃんを見ました。性別が分からないのです。失礼ながらおっさん的おばちゃん、と命名していました。 たまにいるなぁ~位だったのですが、ドイツ在住の日本人と話をすると「いるいる!男性かと思ったら女性の人だよ…

ドイツのうっかりお母さん達

以前、以下の記事にも書きましたがドイツの方は誕生日に命をかけてるので、遠方に住んでいない場合は友達の誕生日パーティに親御さんが来たりします。 そこで普通に話す流れになるのですが、お母さん達がうっかり子供の秘密をバラしちゃうんです。例えば「先…

ミドルネームの位置に悩んだらモーツァルト式

私の結婚した時の手はずは、ドイツに居てドイツ人夫と結婚だったので、まずドイツ式で現地で婚姻をして、日本の在外公館に婚姻届を後日提出する、という方法でした。(一番簡単だったので) 婚姻届の形式はたぶん日本で提出するものと同じだったと思います。…

タイマッサージ前に超焦ったこと

またしつこくドイツに行き、タイマッサージのお店にいきなり訪問して当日予約をとってもらいました。 予約はおやつ時間くらいで取れたので、先にお昼ご飯を軽めに食べておこう、とサラダバーに行ってサラダを食べてる時に、ふと「あれ?タイマッサージで全身…

ドイツの良い思い出話 その②可愛いメンズ達

do-sui.hatenablog.com 前回に引き続き、ドイツの良い思い出話を披露したいと思います。 (猫の画像は本文とは関係ありません。気楽に読んでください、という意味を込めてのことです。) まず、シェアハウスに住み始めた時の話。 大きいシェアハウスだったの…

ドイツの常識: 誕生日パーティーは這ってでも参加せよ

ドイツの方は誕生日に命かけてると思います。 日本では子供はお誕生日はお祝いするけれど、大人になったらそんなに公にお祝いする事は滅多にないと思うんです。 でもドイツは大人も子供も関係ない。ひっそり祝う人もいるけれど、ちゃんと毎年パーティする人…

ドイツで触れる英単語と画材の話

車で長期走行中、休憩がてらにマクドナルドに寄ることになり「ドライブスルー利用しようよ!!ドライブスルー!」と夫に興奮気味にお願いしたら、ちょっと疲れたのでお店の中で休憩したいとの事。 子供の頃、我が家ではファーストフードは禁止だったのでドラ…

ドイツ初ネットフリックスオリジナルドラマ

アメリカからやってきた、オンラインの動画配信サービス、ネットフリックス。 いま、どこの国でも利用している人が多いようですが、我が家でもご多分にもれず視聴しております。 ネットフリックスのオリジナルドラマもかなり沢山あり、一部のドラマは大成功…

ドイツのお寿司レストランと宅配ピザ屋の話

ドイツに戻ったときに、義母に誘われお寿司レストランに行きました。 小さな街の韓国人が経営するお寿司レストランです。 ドイツでお寿司を食べる時はほぼ、日本人経営のレストランにしか行かないようにしています。ただ単に現地向けの味付けが日本人の舌に…

東ドイツから逃亡したおじいさんの話

知り合いのおじいさんで、東ドイツからの逃亡に成功した人がいます。 初めて会った時から足腰がしっかりしていて、目がキラキラしている。 たまにポツリポツリとしか話さないのに声が低くてかっこよくて的を得たことを言う。 この方、若い頃さぞモテただろう…

7人のドイツ人と居酒屋

シェアハウスに住んで居た時に、同居人に日本料理店に連れて行って欲しいと言われた事がありました。ネットか何かで読んだようですが、日本では一人一品ずつ頼んで食べる方法と、小さいものを沢山頼んでお酒と共に皆でわいわい食べる方法があるらしい、との…

反省しました… ドイツの良い思い出話 その①ベルリンでの家探し

常々、私のドイツに対するネガティブ発言のおかげで、このブログを読む人にはドイツに対して悪い印象を与えてしまうのではないか?と思っていました。 投稿した後に後悔してみたり…しかし投稿しちまったものは仕方ねえ!と開き直っておりました。ただ、やは…

ドイツ 黒い森に行ってみる その④ドイツ語表現備忘録

黒い森はカッコー時計(はと時計)の発祥の地らしく、ところどころにカッコー時計のお店がありました。電動ではなくカラクリで動くカッコー時計は大体100ユーロ(13000円位)から購入できるとのこと。毎朝カラクリを動かすための紐のようなものを下に引っ張らな…

ドイツ 黒い森に行ってみる その③年明けのレストランへの道

夕方頃に小腹が空いたぜ、と観光客の集まる場所でレストランを覗きつつ、まだそこまでめっちゃお腹空いてる訳でもないので後で夕飯にしましょう、と決めてその場を離れました。 少し時間が経ってから、ちゃんとお腹が空いてきたので、夫が調べた地方料理のお…

オルフェウスの窓の登場人物名にときめく

オルフェウスの窓と言うコミックをご存知でしょうか。 あの有名な、ベルサイユのばらを描かれた池田理代子さんのドイツ・レーゲンスブルクが舞台の作品です。 中学生の時に、クラスメートの女の子がコミックを持ってきて貸してくれました。 その当時は全くド…

ドイツ 黒い森に行ってみる その②ドイツの宿泊施設の話

黒い森での宿泊先に選んだのはGasthaus-ガストハウスと呼ばれる施設。 ドイツにはホテルやホステルの他に、よくこのGasthaus-ガストハウス、それからPension-ペンジオーン、 Ferienwohnung-フェーリエンヴォーヌングを見かけます。 細かな違いは、ガストハウ…