スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

電動自転車を買った話

 

_DSC6154

 

do-sui.hatenablog.com

昨年、ちらっと電動自転車の試乗会へ行った話を上の記事で書いたのですが、今年はついに電動自転車を買いました。

 

正直、少し気にはなるけど安くはないので購入に乗り気でもなく、夫の電動自転車があればあれもこれも出来るよ話をふ~ん、と聞いていました。

 

ある日、君に似合いそうな電動自転車を見つけた、と大真面目に夫に告げられました。

ま、またか…私の興味のないものをつぶらな瞳でゴリ押ししてくる。

興味はないがせっかくなので画像を見てみることに。

 

なんと!可愛い色合いで夫の乗っているようなマウンテンバイクっぽいゴツいものでもなく、むしろ乗ってみたい!と思うようなデザイン。しかも最新なのにお値段が他のものに比べてかなりお安いではありませんか!…こ、これは一度見に行ってみるべき!と数日後お店へ向かいました。

 

例の自転車を見つけて近寄り、キラりと光る可愛さにうっとりしながらこれが気になるんですが、と店員さんに告げたところマシンガンのように大量の知識とトークで利点を述べる述べる!

 

驚きつつも店員さんの情熱にこれまた感動ポイントを一つ増やされ。

念のため試乗しましたが気持は固まっていたので即決でした。

 

早めの購入を決めてくれるお客さんには荷台に設置できる取り外し可能なカゴと簡易の鍵を無料で付けてくれる、という事だったのでこちらも即決により快諾していただけました。

 

鍵の設置や引渡し準備の為に時間が必要なので来週引取りに来てください、との事でした。頭金ではないですが、一部をカードで支払い残りは引渡し時に支払うという支払い方法にしました。

 

購入後のまだ引き取っていない間、妙な興奮と自転車の画像を見てはニヤニヤする日々でして、まるで彼氏ができてすぐみたいな心持でした…。長らく味わっていないような感情。。

 

数日経って、仕事が忙しい中引き取る時間がないぞ、と焦っていたのですが今日行っておかないと来週はもう時間がない!という日があったので、天気の悪さに気持が落ちていましたが気持を奮い立たせて自転車屋さんに行きました。

 

最初にマシンガン説明をしてくれた店員さんはおらず、おそらく店長さんであろう方に対応してもらいました。

請求書の私の名前を見て、日本人だね、と言われたので驚き。

苗字は日本語じゃないのでともかくとして、私の名前は一応国籍不明でいつもどこ出身か聞かれるのに…ビックリ!と思ったところ、年初に日本へ旅行に行ってきたそうです。

それで日本人女性の名前の知識が増えたのか!?同じ名前の人に出会ったのかもしれませんが…。あ、待てよ。。無印良品チューリッヒの布バッグ持参だったから?

 

何が面白かったって、出身地を聞かれてその後すぐに「本州?」と聞かれたところ。

そんな聞き方をするなんて北海道の人みたい(勝手な私の思い込みです)、と思ったら日本旅行は東京から北海道へ行ってほぼずっと北海道にいたらしく…なるほど。

 

そんなこんなでスモールトークをした後、良い気分で自宅へ帰ったのでした。

 

自分が運転する乗り物であんなにスピードが出せるなんて経験する事が普段ないので、興奮気味でした。車やバイクも運転しないので、乗り物に乗ってスピードを出せる人は普段こんな気持なのか…と少し思ったり。

 

今年は電動自転車のおかげでスイスでできる事が増えるはず。

楽しみだな~ うきうき♪

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。


にほんブログ村 
海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村